第39回 Hip Joint コラム

骨の銀行があることを知っていますか?
福島健介
北里大学医学部整形外科学 診療講師
 近年、股関節疾患に対する人工股関節全置換術は、用いられている材質の改良もあって長期にわたる良好な臨床成績が報告されています。加えて、術後スポーツ活動を含めて高度な日常生活動作も可能となってきており、比較的若年の患者さんに対する手術も増えつつあります。一方で、設置された人工股関節に様々な理由でゆるみが生じ、入れ替えの手術(人工股関節再置換術)が必要となる患者さんも増加してきています。その手術の際に大きな問題となるのが、人工関節を設置する土台となる「骨」の欠損です。人工股関節における骨は、例えれば家を建てる際の地盤に相当します。骨がなければ安定した人工関節の設置は困難で、長期の成績は望むことが出来ません。


 骨を補てんする材料としては、主に自家骨(自分の骨)、同種骨(他人の骨)、人工骨の3種類が挙げられます。自家骨は感染症の伝播等もなく安全ですが、自分の正常な場所から採取するため採取量に限りがあり、採取するために新たな傷をつけて手術をしなくてはならないという欠点があります。人工骨は安全で採取の必要がなく必要な量を補てんすることが可能ですが、非常に高価で体の中に異物として残存する可能性があります。同種骨は輸血と同じように、感染症伝播のリスクはありますが、比較的安価で必要な量を補てんすることが可能です。また移植後、自己の細胞が骨内に入り込んで自分の骨に置き換わるという利点があり、生物学的な股関節の再建が可能です。しかしながら、同種骨移植は同種骨が安全に採取、処理、保存されていることが前提で成り立っています。これを担っているのが骨の銀行(骨バンク)です。

 骨バンクには施設内で採取された骨(代表的なものは人工関節や大腿骨頸部骨折の際に採取された大腿骨頭)を処理、保存している施設内骨バンクと他施設で採取された骨も処理、保存を行い、地域の同種骨を必要としている施設へ供給も行っている地域骨バンクがあります。欧米では同種骨を人工関節のようにインプラントとして処理、販売している業者が存在し、非常に活発に同種骨移植が行われています。対してわが国では日本組織移植学会が認定した地域骨バンクは現在わずか3施設(北里大学病院骨バンク、東海骨バンク、熊本骨バンク協会)のみで、同種骨移植が行える施設は非常に限られているのが現状です。わが国では骨バンク事業で利益を出してはならず、正直に言って運営は厳しい状況ですが日本全国で安全な同種骨をより容易に使用できるように努力しています。ご興味を持たれた方は、是非下記ホームページをご参照いただければ幸甚です。

Hip Joint コラム履歴

第59回 コロナパンデミックとスペイン風邪

第58回 「ヒップの摩耗の問題:本当にあった話です」

第57回 赤ちゃんの股関節を守るため、生まれてすぐからの予防を!

第56回 コロナ、ステイホームで思うこと

第55回 高齢者の骨粗鬆症と大腿骨頸部骨折

第54回 変形性股関節症に対する温泉療法について

第53回 国内におけるカダバートレーニングの現状

第52回 2020年(令和2年)
新春 明けましておめでとうございます。

第51回 「ヒップペイン」

第50回 人工股関節の術後合併症

第49回 『きょうよう』・『きょういく』と股関節

第48回 股関節の痛みとロコモティブシンドローム

第47回 股関節の神秘

第46回 生き方が役に出る

第45回 変形性股関節症に対する骨切り術とテクノロジー

第44回 変形性股関節症「寛骨臼(臼蓋)形成不全に起因する

第43回 3Dプリンターの医療機器への応用

第42回 中間管理職から見た股関節手術を取り巻く教育の現状

第41回 Wolffの法則

第40回 医者と弁護士

第39回 骨の銀行があることを知っていますか?

第38回 悠々閑々外来の妙

第37回 股関節手術でAIは整形外科医を超えられるか?

第36回 テロイド治療に伴う大腿骨頭壊死の発生予防を目指して

第35回 股関節手術と今後の健康維持

第34回 財団30周年に寄せて

第33回 大腿骨近位部骨折(足の付け根の骨折)は早く治療を!

第32回 腰痛は人間の宿命です-腰椎・骨盤・股関節の連携-

第31回 股関節の手術と健康寿命

第30回 弘法は筆を選ばず?

第29回 大腿骨近位部骨折が増加しています
-50歳を超えたら骨折予防-

第28回 呼吸を整え体を動かそう

第27回 人工関節の寿命は予測できるの?

第26回 人工関節手術後の早期社会復帰と保険医療制度の疲弊

第25回 赤ちゃんの股関節脱臼に思う

第24回 新しい高齢者像を求めて、
メディカルフィットネス 医学体操の活動

第23回 指定難病の特発性大腿骨頭壊死症をご存知ですか?

第22回 人工関節置換術の適齢期は?

第21回 あなたはサルコペニアですか?

第20回 赤ちゃんの股関節脱臼に注意しましょう

第19回 股関節手術の思い

第18回 いつまでも健やかに

第17回 「セメントレス人工股関節」

第16回 「骨切り術も再生医療です!!」

第15回 「骨粗鬆症の激増と過激な減量、ビタミン・ミネラル不足」

第14回 「大腿骨頭はどうして球形なの?」

第13回 「人生いろいろ、手術もいろいろ」

第12回 「股関節疾患の過去、現在、未来」

第11回 「国産医療機器メーカーとして」

第10回 「「股関節」という言葉で思いついたつれづれなること」

第9回 「股関節のインプラント治療」

第8回 「患者会としての30年」

第7回 「私の股関節と剣道」

第6回 「股関節唇損傷自己体験記」

第5回 「人工股関節全置換術より高い満足度を求めて」

第4回 「人工股関節置換術と関節温存手術」

第3回 「乳児股関節脱臼―歴史は繰り返す―」

第2回 「股関節疾患今昔」

第1回 「肝心要は股関節から」


新・股関節がよくわかる本Web版
股関節市民フォーラム
股関節疾患について
HJFJ人工股関節ステッカー
股関節の悩みQ&A
股関節の治療法
一般向け動画
Hip Joint Column
Hip Joint News
ロコモン体操
患者会紹介