第90回 Hip Joint コラム

「手外科医からみた股関節外科」
三浪 明男
北海道せき損センター 病院長
北海道大学名誉教授
 別府諸兄理事長から股関節(外科)に全く門外漢である私に手外科からみた股関節外科の記述を依頼されました。別府先生とは手の外科及びMicrosurgeryの分野で40年来の親密な交流があり、家族ぐるみのお付き合いをさせていただいているためと思います。私のような股関節についてよく知らないものが甚だ不遜とは思いますが外からみた股関節外科を観察した印象を記載させていただきたいと思います。
 私は実は手の外科分野に進まなかったとしたら股関節分野に進んだと思います。私が研修医の頃は先天股脱や臼蓋形成不全の小児患者がたくさん入院しておられました。そのころ、本邦に導入されたばかりのSalter手術やPemberton手術が盛んに行われた時期でした。また初期から進行期の変形性股関節症(OA)患者には何とか骨頭温存の意味から大腿骨骨切り術(外反及び内反)、臼蓋回転骨切り術(田川式)や大腿骨頚部回旋骨切り術(杉岡式)などが盛んに行われていました。末期OA患者に対しては人工股関節置換術(THA)が行われ始めた時期でした。当時、私はこれら年齢別の多彩な手術法とそれらの適応についてのdiscussionに大いに興味をいだきました。しかし4年目の研修病院でのfarewell operationとして大腿骨骨頭下骨折に対する人工骨頭置換術を行わせていただきました。研修を終えて大学に戻ったときにObenの先生に手術の結果はいかがでしたとお伺いすると、その患者さんは翌日に脱臼しましたと伝えられ、股関節外科は私には無理と思った瞬間でした。
 先日、新潟市で石川肇先生が学会長として第50回日本関節病学会が開催されました。「人工関節の歩みと展望」に関する特別シンポジウムが企画され、私は人工手関節に関する講演を担当させていただきました。その時に関西医科大学リハビリテーション学部 飯田寛和先生が「人工股関節の歩みと展望」についてご講演されました。
 私は、THAはすでに確立した手技と長期の良好な成績が得られているものと承知しておりましたが、飯田先生のご講演で解決すべきいくつかの課題があると知りました。私は本邦初の人工手関節(DARTSⓇ人工手関節)を開発したものにとっては見えないほど遠くまで先行しているものと思っておりましたが、まだ問題はあるんだと思いました。また、講演中のほとんどの機種はいわゆる外国製であり日本製で広範にそして多く用いられているものが少ないことを知り、やはり日本製の日本人に合ったsizeの素晴らしい機種の人工股関節開発をすべきではと実感しました。
 最近は当院では人工膝関節置換術よりもTHAの方が、数が増加している傾向があります。手術を受けられる患者さんのアメニティの向上を図る意味からも股関節外科のますますの発展を期待している一人です。

Hip Joint コラム履歴

第100回 「新・繁文縟礼(はんぶんじょくれい)時代」

第99回 「当財団の股関節海外研修助成について」

第98回 「いつの日か花開く研究」

第97回 「人工股関節置換術に想う」

第96回 「変形性股関節症の保存療法」

第95回 「大腿骨近位部骨折のリスクを下げるために出来ること」

第94回 「手外科医として,整形外科研究者として股関節外科から学ぶ」

第93回 「人工股関節置換術の進歩と課題:第96回日本整形外科学会学術総会から」

第92回 「股関節を丈夫にして健康寿命を延ばしましょう!」

第91回 「骨粗鬆症患者の骨折の危険性について」

第90回 「手外科医からみた股関節外科」

第89回 「エコー診断・治療のすすめ」

第88回 「人工関節材料の開発における日本の貢献」

第87回 「赤ちゃんの股関節大丈夫ですか?」

第86回 「人工股関節 『脱臼には注意しましょう。』」

第85回 「ロボットリハビリテーション 股関節疾患への応用」

第84回 「お笑い番組での人工股関節の話題」

第83回 「人工股関節の寿命を長期化する取り組み」

第82回 「人工関節インプラントの国産化の必要性」

第81回 「手術はレントゲン写真ではなくその人を!」

第80回 「骨粗鬆症治療中に注意が必要な骨折−大腿骨非定型骨折−」

第79回 「非対面型コミュニケーションの課題」

第78回 「我が国に寛骨臼形成不全が多いのは、何故?」

第77回 「超高齢社会における股関節疾患の未来」

第76回 「コロナ禍の整形外科」

第75回 「2022年新年の思い」

第74回 「人はなぜやせられないのか?」

第73回 「脆弱性骨盤骨骨折に思う」

第72回 「骨粗鬆症による大腿骨近位部骨折の予防と治療」

第71回 股関節疾患に関する基礎研究

第70回 「日本人工関節登録制度をご存知ですか?」

第69回 子どもや孫が「家族歴」が理由で
股関節健診にひっかかった!!時に読む記事

第68回 「姿勢と呼吸」

第67回 筋肉が衰えればすべてが衰える

第66回 人工股関節全置換術術後でも足の爪が
自分で切られない患者様に対する自助具を開発しました!

第65回 人工股関節は生身の股関節より性能が良い!

第64回 2021年新年の展望

第63回 股関節と尿失禁(尿漏れ)の意外な関係

第62回 大切な「何か」

第61回 大腿骨近位部骨折と骨折リエゾンサービス

第60回 私の股関節と剣道 第2報 2週間の入院経験

第59回 コロナパンデミックとスペイン風邪

第58回 「ヒップの摩耗の問題:本当にあった話です」

第57回 赤ちゃんの股関節を守るため、生まれてすぐからの予防を!

第56回 コロナ、ステイホームで思うこと

第55回 高齢者の骨粗鬆症と大腿骨頸部骨折

第54回 変形性股関節症に対する温泉療法について

第53回 国内におけるカダバートレーニングの現状

第52回 2020年(令和2年)新春明けましておめでとうございます。

第51回 「ヒップペイン」

第50回 人工股関節の術後合併症

第49回 『きょうよう』・『きょういく』と股関節

第48回 股関節の痛みとロコモティブシンドローム

第47回 股関節の神秘

第46回 生き方が役に出る

第45回 変形性股関節症に対する骨切り術とテクノロジー

第44回 変形性股関節症「寛骨臼(臼蓋)形成不全に起因する

第43回 3Dプリンターの医療機器への応用

第42回 中間管理職から見た股関節手術を取り巻く教育の現状

第41回 Wolffの法則

第40回 医者と弁護士

第39回 骨の銀行があることを知っていますか?

第38回 悠々閑々外来の妙

第37回 股関節手術でAIは整形外科医を超えられるか?

第36回 ステロイド治療に伴う大腿骨頭壊死の発生予防を目指して

第35回 股関節手術と今後の健康維持

第34回 財団30周年に寄せて

第33回 大腿骨近位部骨折(足の付け根の骨折)は早く治療を!

第32回 腰痛は人間の宿命です-腰椎・骨盤・股関節の連携-

第31回 股関節の手術と健康寿命

第30回 弘法は筆を選ばず?

第29回 大腿骨近位部骨折が増加しています-50歳を超えたら骨折予防-

第28回 呼吸を整え体を動かそう

第27回 人工関節の寿命は予測できるの?

第26回 人工関節手術後の早期社会復帰と保険医療制度の疲弊

第25回 赤ちゃんの股関節脱臼に思う

第24回 新しい高齢者像を求めて、メディカルフィットネス 医学体操の活動

第23回 指定難病の特発性大腿骨頭壊死症をご存知ですか?

第22回 人工関節置換術の適齢期は?

第21回 あなたはサルコペニアですか?

第20回 赤ちゃんの股関節脱臼に注意しましょう

第19回 股関節手術の思い

第18回 いつまでも健やかに

第17回 「セメントレス人工股関節」

第16回 「骨切り術も再生医療です!!」

第15回 「骨粗鬆症の激増と過激な減量、ビタミン・ミネラル不足」

第14回 「大腿骨頭はどうして球形なの?」

第13回 「人生いろいろ、手術もいろいろ」

第12回 「股関節疾患の過去、現在、未来」

第11回 「国産医療機器メーカーとして」

第10回 「「股関節」という言葉で思いついたつれづれなること」

第9回 「股関節のインプラント治療」

第8回 「患者会としての30年」

第7回 「私の股関節と剣道」

第6回 「股関節唇損傷自己体験記」

第5回 「人工股関節全置換術より高い満足度を求めて」

第4回 「人工股関節置換術と関節温存手術」

第3回 「乳児股関節脱臼―歴史は繰り返す―」

第2回 「股関節疾患今昔」

第1回 「肝心要は股関節から」


新・股関節がよくわかる本Web版
小児と股関節
股関節市民フォーラム
股関節疾患について
HJFJ人工股関節ステッカー
股関節の悩みQ&A
股関節の治療法
一般向け動画
Hip Joint Column
Hip Joint News
ロコモン体操
患者会紹介