第80回 Hip Joint コラム

「骨粗鬆症治療中に注意が必要な骨折−大腿骨非定型骨折−」
髙橋 謙治
京都府立医科大学 整形外科学教室 主任教授
 高齢社会で骨粗鬆症の治療を受けている方が増加しています。骨粗鬆症治療薬のなかで骨折予防効果が大きく、広く使われている薬剤にビスホスホネート(BP)があります。しかし、BPを長期間服用していると、ごくまれに大腿骨の転子下や骨幹部という場所に特殊な骨折を生じます。それが大腿骨非定型骨折です。
 この骨折の特徴は、前ぶれの症状があることと骨癒合が得られにくいということです。前ぶれの症状は鼡径部や大腿部の疼くような痛みであることが多く、そのまま放置すると、つまずくなどの軽微な外傷、時には外傷もなく完全に骨折してしまいます。BPは骨吸収を抑制する薬剤です。長期間使用していると骨代謝が過剰に抑制された状態となり、骨折の修復機構が十分に働かなくなり、骨癒合が得られにくくなります。
 国内での発生頻度は32−59/100万人・年とされています。そのうちBPを使用している人の割合は12−90%と幅がありますが、BPの内服期間が長いほど発生リスクが上がるされています。さらに、近年の報告で東洋人に発生しやすいことや、ステロイドや胃潰瘍治療薬であるプロトンポンプ阻害薬との使用によって発生リスクが上昇することもわかってきました。
 診断には大腿骨の単純X線像、MRIや骨シンチグラムが有用です。単純X線像では、皮質骨の膨隆が特徴的な画像所見です(図1)。単純X線像で典型的な所見がないにも関わらず、痛みが続く場合にはMRIや骨シンチグラムで精査します。両側発生が28-44%という報告があるため、片方が診断された際には、MRIや骨シンチグラムなどで対側に異常がないか調べておく必要があります。
 完全に骨折した場合には手術が必要です(図2a、b)。前ぶれ症状のみの場合でも、画像所見で診断できた場合、予防的に手術を行うこともあります。どちらの場合でも通常の骨折よりも骨が治りにくく、26%で癒合が遷延するという報告もあります。
 大事なことは、この骨折は予防しえるということです。BPの内服期間が3年以上で、内服期間が長くなれば長くなるほど大腿骨非定型骨折のリスクは上昇します。しかし、BPを休薬すれば、3か月から1年3か月でリスクは半分となり、1年3か月から4年でリスクは20%程度に低下します。一方、BPによる骨粗鬆症性骨折の予防効果は大きく、長期休薬することで骨折リスクは上昇します。このため、BPの休薬あるいは薬剤変更の必要性については主治医の先生とよく相談した上で決めることが大切です。正しい骨粗鬆症治療で骨折のない生活を送りましょう。


図1皮質骨の膨隆
図2<br />
a 完全に骨折した大腿骨非定型骨折の単純X線画像<br />
b 骨接合術後の単純X線画像


Hip Joint コラム履歴

第82回 「人工関節インプラントの国産化の必要性」

第81回 「手術はレントゲン写真ではなくその人を!」

第80回 「骨粗鬆症治療中に注意が必要な骨折−大腿骨非定型骨折−」

第79回 「非対面型コミュニケーションの課題」

第78回 「我が国に寛骨臼形成不全が多いのは、何故?」

第77回 「超高齢社会における股関節疾患の未来」

第76回 「コロナ禍の整形外科」

第75回 「2022年新年の思い」

第74回 「人はなぜやせられないのか?」

第73回 「脆弱性骨盤骨骨折に思う」

第72回 「骨粗鬆症による大腿骨近位部骨折の予防と治療」

第71回 股関節疾患に関する基礎研究

第70回 「日本人工関節登録制度をご存知ですか?」

第69回 子どもや孫が「家族歴」が理由で
股関節健診にひっかかった!!時に読む記事

第68回 「姿勢と呼吸」

第67回 筋肉が衰えればすべてが衰える

第66回 人工股関節全置換術術後でも足の爪が
自分で切られない患者様に対する自助具を開発しました!

第65回 人工股関節は生身の股関節より性能が良い!

第64回 2021年新年の展望

第63回 股関節と尿失禁(尿漏れ)の意外な関係

第62回 大切な「何か」

第61回 大腿骨近位部骨折と骨折リエゾンサービス

第60回 私の股関節と剣道 第2報 2週間の入院経験

第59回 コロナパンデミックとスペイン風邪

第58回 「ヒップの摩耗の問題:本当にあった話です」

第57回 赤ちゃんの股関節を守るため、生まれてすぐからの予防を!

第56回 コロナ、ステイホームで思うこと

第55回 高齢者の骨粗鬆症と大腿骨頸部骨折

第54回 変形性股関節症に対する温泉療法について

第53回 国内におけるカダバートレーニングの現状

第52回 2020年(令和2年)新春明けましておめでとうございます。

第51回 「ヒップペイン」

第50回 人工股関節の術後合併症

第49回 『きょうよう』・『きょういく』と股関節

第48回 股関節の痛みとロコモティブシンドローム

第47回 股関節の神秘

第46回 生き方が役に出る

第45回 変形性股関節症に対する骨切り術とテクノロジー

第44回 変形性股関節症「寛骨臼(臼蓋)形成不全に起因する

第43回 3Dプリンターの医療機器への応用

第42回 中間管理職から見た股関節手術を取り巻く教育の現状

第41回 Wolffの法則

第40回 医者と弁護士

第39回 骨の銀行があることを知っていますか?

第38回 悠々閑々外来の妙

第37回 股関節手術でAIは整形外科医を超えられるか?

第36回 ステロイド治療に伴う大腿骨頭壊死の発生予防を目指して

第35回 股関節手術と今後の健康維持

第34回 財団30周年に寄せて

第33回 大腿骨近位部骨折(足の付け根の骨折)は早く治療を!

第32回 腰痛は人間の宿命です-腰椎・骨盤・股関節の連携-

第31回 股関節の手術と健康寿命

第30回 弘法は筆を選ばず?

第29回 大腿骨近位部骨折が増加しています-50歳を超えたら骨折予防-

第28回 呼吸を整え体を動かそう

第27回 人工関節の寿命は予測できるの?

第26回 人工関節手術後の早期社会復帰と保険医療制度の疲弊

第25回 赤ちゃんの股関節脱臼に思う

第24回 新しい高齢者像を求めて、メディカルフィットネス 医学体操の活動

第23回 指定難病の特発性大腿骨頭壊死症をご存知ですか?

第22回 人工関節置換術の適齢期は?

第21回 あなたはサルコペニアですか?

第20回 赤ちゃんの股関節脱臼に注意しましょう

第19回 股関節手術の思い

第18回 いつまでも健やかに

第17回 「セメントレス人工股関節」

第16回 「骨切り術も再生医療です!!」

第15回 「骨粗鬆症の激増と過激な減量、ビタミン・ミネラル不足」

第14回 「大腿骨頭はどうして球形なの?」

第13回 「人生いろいろ、手術もいろいろ」

第12回 「股関節疾患の過去、現在、未来」

第11回 「国産医療機器メーカーとして」

第10回 「「股関節」という言葉で思いついたつれづれなること」

第9回 「股関節のインプラント治療」

第8回 「患者会としての30年」

第7回 「私の股関節と剣道」

第6回 「股関節唇損傷自己体験記」

第5回 「人工股関節全置換術より高い満足度を求めて」

第4回 「人工股関節置換術と関節温存手術」

第3回 「乳児股関節脱臼―歴史は繰り返す―」

第2回 「股関節疾患今昔」

第1回 「肝心要は股関節から」


新・股関節がよくわかる本Web版
股関節市民フォーラム
股関節疾患について
HJFJ人工股関節ステッカー
股関節の悩みQ&A
股関節の治療法
一般向け動画
Hip Joint Column
Hip Joint News
ロコモン体操
患者会紹介