第51回 Hip Joint コラム

「ヒップペイン」
中村順一
千葉大学大学院医学研究院整形外科学
講師
みなさんは股関節の痛みがどのようなものか知っていますか?
 
 私は、平成22年に日本股関節股関節研究振興財団の助成金をいただいてから10年間、ヒップペインのリサーチに取り組んできました。これまでに分かったことをご紹介します。
 まず、股関節のどこが痛くなるのかについて調べました。変形性股関節症の患者さん443名を調査したところ、そけい部といって足の付け根の股関節の前方部分の痛みが89%で最も多く、次いで殿部(でんぶ)といっていわゆるお尻の部分の痛みが38%、大腿(だいたい)といって太ももの前方部分の痛みが33%、膝の前面の痛みが29%、股関節の真横の部分(大転子部、だいてんしぶ)が27%、腰の痛みが17%、下腿(かたい)といって膝から下のすねの痛みが8%という結果でした[引用文献1]。そけい部と殿部と大転子部を合わせた股関節の周りに痛みを感じやすく、それらを合計すると95%の患者さんが股関節の周りを痛がることが分かりました。
 しかし、逆に言えば5%の患者さんでは股関節が悪いにもかかわらず、股関節の周りを全く痛がらないことも分かりました。このような患者さんでは、よほど注意して診察しないと股関節の病気を見逃してしまう恐れがあります。
 そして、55%の患者さんでは、関連痛といって股関節から離れた膝や腰まで痛みが走ることが分かりました。さらに、片方の股関節だけが悪い患者さんに比べて、両方の股関節が悪い患者さんや、全身の関節が悪い患者さんの方が関連痛を生じやすいことも分かりました。
 続いて、変形性股関節症とならんで代表的な病気である、特発性大腿骨頭壊死症(とくはつせいだいたいこつとうえししょう)の患者さんについても、同じように調べてみました。特発性大腿骨頭壊死症の患者さん119名を調査したところ、そけい部の痛みが93%とやはり最も多くみられましたが、二番目に多かったのは膝の痛みで68%、次いで、大腿前面の痛みが36%、殿部の痛みが34%、下腿の痛みが18%、大転子部が9%、腰の痛みが8%という順でした[引用文献2]。
特発性大腿骨頭壊死症でも97%の患者さんが股関節の周りを痛がりますが、77%に関連痛がみられることが分かりました。特発性大腿骨頭壊死症の関連痛の特徴として、膝や下腿の痛みが多く、腰の痛みが少ないという傾向がありました。
 関連痛の分布が変形性股関節症と特発性大腿骨頭壊死症で違うということは、この調査が行われるまで分かっていませんでした。小児の股関節の病気であるペルテス病や大腿骨頭すべり症では、どちらも膝を痛がることが多く、見逃しが起きやすいので注意しなければならない、とされています。成人においても、膝や腰を痛がる患者さんは、もしかしたら股関節が悪いのかもしれません。ヒップペインについて理解が深まり、診断のお役に立てれば幸いです。

引用文献
1)Nakamura J, Oinuma K, Ohtori S, et al. Distribution of hip pain in osteoarthritis patients secondary to developmental dysplasia of the hip. Mod Rheumatol. 2013 Jan;23(1):119-24.
2)Nakamura J, Konno K, Orita S, et al. Distribution of hip pain in patients with idiopathic osteonecrosis of the femoral head. Mod Rheumatol. 2017 May;27(3):503-507.

Hip Joint コラム履歴

第59回 コロナパンデミックとスペイン風邪

第58回 「ヒップの摩耗の問題:本当にあった話です」

第57回 赤ちゃんの股関節を守るため、生まれてすぐからの予防を!

第56回 コロナ、ステイホームで思うこと

第55回 高齢者の骨粗鬆症と大腿骨頸部骨折

第54回 変形性股関節症に対する温泉療法について

第53回 国内におけるカダバートレーニングの現状

第52回 2020年(令和2年)
新春 明けましておめでとうございます。

第51回 「ヒップペイン」

第50回 人工股関節の術後合併症

第49回 『きょうよう』・『きょういく』と股関節

第48回 股関節の痛みとロコモティブシンドローム

第47回 股関節の神秘

第46回 生き方が役に出る

第45回 変形性股関節症に対する骨切り術とテクノロジー

第44回 変形性股関節症「寛骨臼(臼蓋)形成不全に起因する

第43回 3Dプリンターの医療機器への応用

第42回 中間管理職から見た股関節手術を取り巻く教育の現状

第41回 Wolffの法則

第40回 医者と弁護士

第39回 骨の銀行があることを知っていますか?

第38回 悠々閑々外来の妙

第37回 股関節手術でAIは整形外科医を超えられるか?

第36回 テロイド治療に伴う大腿骨頭壊死の発生予防を目指して

第35回 股関節手術と今後の健康維持

第34回 財団30周年に寄せて

第33回 大腿骨近位部骨折(足の付け根の骨折)は早く治療を!

第32回 腰痛は人間の宿命です-腰椎・骨盤・股関節の連携-

第31回 股関節の手術と健康寿命

第30回 弘法は筆を選ばず?

第29回 大腿骨近位部骨折が増加しています
-50歳を超えたら骨折予防-

第28回 呼吸を整え体を動かそう

第27回 人工関節の寿命は予測できるの?

第26回 人工関節手術後の早期社会復帰と保険医療制度の疲弊

第25回 赤ちゃんの股関節脱臼に思う

第24回 新しい高齢者像を求めて、
メディカルフィットネス 医学体操の活動

第23回 指定難病の特発性大腿骨頭壊死症をご存知ですか?

第22回 人工関節置換術の適齢期は?

第21回 あなたはサルコペニアですか?

第20回 赤ちゃんの股関節脱臼に注意しましょう

第19回 股関節手術の思い

第18回 いつまでも健やかに

第17回 「セメントレス人工股関節」

第16回 「骨切り術も再生医療です!!」

第15回 「骨粗鬆症の激増と過激な減量、ビタミン・ミネラル不足」

第14回 「大腿骨頭はどうして球形なの?」

第13回 「人生いろいろ、手術もいろいろ」

第12回 「股関節疾患の過去、現在、未来」

第11回 「国産医療機器メーカーとして」

第10回 「「股関節」という言葉で思いついたつれづれなること」

第9回 「股関節のインプラント治療」

第8回 「患者会としての30年」

第7回 「私の股関節と剣道」

第6回 「股関節唇損傷自己体験記」

第5回 「人工股関節全置換術より高い満足度を求めて」

第4回 「人工股関節置換術と関節温存手術」

第3回 「乳児股関節脱臼―歴史は繰り返す―」

第2回 「股関節疾患今昔」

第1回 「肝心要は股関節から」


新・股関節がよくわかる本Web版
股関節市民フォーラム
股関節疾患について
HJFJ人工股関節ステッカー
股関節の悩みQ&A
股関節の治療法
一般向け動画
Hip Joint Column
Hip Joint News
ロコモン体操
患者会紹介