第60回 Hip Joint コラム

私の股関節と剣道 第2報 2週間の入院経験
大久保 康一
公益財団法人日本股関節研究振興財団 理事
 第7回Hip Jointコラム(2016年4月4日)で私の股関節と剣道という題目で報告いたしましたが今回はその後の経過です。→リンク 第7回Hip Jointコラム(2016年4月4日)で私の股関節と剣道
 第1報の終わりに、いずれ人工股関節置換術を受けることになるでしょうと記載いたしましたその通りになりました。第1報後、楽しく無理せず週2回の稽古を続けておりました。しかし徐々に右股関節痛が増強し2020年2月ごろは稽古の前に坐薬を入れて稽古しておりました。稽古中は痛み感じませんでしたが、体育館から駐車場に向かう200mがつらくなりました。その後コロナ影響で剣道ができなくなりましたが、歩行時右足に体重かけると痛みを感じるようになり、時にゴリ!と音がいたしました。コリャダメダ!ということで人工股関節置換術を2020年7月31日慈恵医大第三病院大谷卓也教授の執刀の元で手術を受けました。
 手術前日入院、全てを先生方にお任せし、感染や脱臼そして予測できない事が起きないように祈り、まさに【まな板の鯉】といった心境でした。術後当日は、ペインコントロールがうまくいっているせいか、動かさなければ痛みは感じませんでした。
翌日、さあ車いすに乗りましょうと言われ、え! もう車いすですか、驚き! でした。日曜日はリハビリテーションが休みでホットいたしました。本格的なリハビリテーションは術後3日から開始、痛みは以前のような股関節軟骨の摩耗による痛みではなく、股関節周囲の痛みと内転筋突っ張り感を伴う痛みでした。
4日目、右下肢を股関節伸展0度にすると痛く、膝を曲げて股関節を軽度曲げると楽になり、ホットいたしました。歩行器での歩行開始、その午後37.6度発熱、嫌な感じ。カロナール2錠内服し、氷枕いたしましたところ翌日の5日目の朝には下熱いたしました。氷枕気持ちいい! 痛みは股関節自体の痛みより周囲の特に臀部の突っ張り感に伴う痛み、そしてなぜか内転筋の突っ張り感と痛みがありました。私の場合、術中股関節が外旋して関節が固くがちがちの状態で、それを矯正後、強固に外旋筋群を縫合したことや、軟部組織を切離後再縫合したことによる突っ張り感と痛みです、との説明を先生から受け、納得いたしました。軟部組織の修復には少なくとも2~3週間かかるが、動かさないと関節が固く(拘縮)になる。そこで理学療法士(PT)の指導のごとく痛みの出る少し前まで動かすように心がけました。
5日目 片杖歩行開始、創周囲の腫脹改善いたしましたがしかし疲れる! パソコンしても長く続かず、すぐに嫌になりました。
6日目 階段歩行可能。股関節伸展0度での痛み消失。大腿四頭筋筋力低下、こんなにすぐに起こるとは予想外で、ベッド上での自主トレーニングを心掛けました。
7日目 大谷先生が抜糸、創もきれいですのでシャワーどうぞ。エーウソ! そんなに早いの。さすが感染が怖いので術後9日目にシャワーを浴びました。
8日目 まだ股関節周囲の突っ張り感と痛み残存。
9日目 シャワー浴びる。アー気持ちよか! 
10日目 朝術後はじめて空腹感あり。肉が食べたいな! 1本杖利用するがなくても歩けるようになりました。
11日目 杖なしで歩けるが股関節周囲突っ張り感と痛み残存。屈曲80度可能、それ以上曲がると痛い。しかしベッドからスーと立ち上がれるようになり、いろいろな身の回りの動作が早く容易になりました。しかし、右足に補助棒を利用しても靴下をはけない。
12日目 朝7時45分 股関節班(大谷、川口、原田、雨谷先生)の早朝回診あり。股関節の動きも良く、リハビリテーションも順調に進んでおります。退院後2~3ヵ月金トレーニングは脱臼の恐れあるので控えてください、普通の生活を、との指導あり。明後日退院ですよと。すぐに退院モードに! 右臀部の突っ張り感と痛みはだいぶ改善してきました。
13日目 退院前日の最後のリハビリテーション。仰向けで股関節、膝関節0度位で支えなく右下肢挙上30cm可能となる。退院後のリハビリテーション自主トレーニングの要領を指導される。リハビリテーション理学療法士相内先生いろいろとありがとうございました。そして、今後の股関節に痛みのない生活に対する期待、喜びが沸いてきました。そして7-8ヵ月すると、また剣道の素振りができるか楽しみにしています。
 今回は医師と患者さんとの立場が逆転し、大変に良い経験になりました。自分自身にとって、もっと、もっと外来でも、入院でも患者さんと接する時間を取らなくてはいけないと痛感いたしました。
 人工股関節置換術に関しては、30年前に股関節財団前理事長の故伊丹康人先生と人工股関節置換術(JOHP)を行っていた時代と大きく様変わり、人工関節の素材にしても、手術法にしても、後療法にしても、抗菌薬の使い方に関しても、また医療の関わる環境に関しても、大きく進歩、発展したことを身もって体験いたしました。2週間貴重な経験でした。                                  
                                  




Hip Joint コラム履歴

第60回 私の股関節と剣道 第2報 2週間の入院経験

第59回 コロナパンデミックとスペイン風邪

第58回 「ヒップの摩耗の問題:本当にあった話です」

第57回 赤ちゃんの股関節を守るため、生まれてすぐからの予防を!

第56回 コロナ、ステイホームで思うこと

第55回 高齢者の骨粗鬆症と大腿骨頸部骨折

第54回 変形性股関節症に対する温泉療法について

第53回 国内におけるカダバートレーニングの現状

第52回 2020年(令和2年)
新春 明けましておめでとうございます。

第51回 「ヒップペイン」

第50回 人工股関節の術後合併症

第49回 『きょうよう』・『きょういく』と股関節

第48回 股関節の痛みとロコモティブシンドローム

第47回 股関節の神秘

第46回 生き方が役に出る

第45回 変形性股関節症に対する骨切り術とテクノロジー

第44回 変形性股関節症「寛骨臼(臼蓋)形成不全に起因する

第43回 3Dプリンターの医療機器への応用

第42回 中間管理職から見た股関節手術を取り巻く教育の現状

第41回 Wolffの法則

第40回 医者と弁護士

第39回 骨の銀行があることを知っていますか?

第38回 悠々閑々外来の妙

第37回 股関節手術でAIは整形外科医を超えられるか?

第36回 テロイド治療に伴う大腿骨頭壊死の発生予防を目指して

第35回 股関節手術と今後の健康維持

第34回 財団30周年に寄せて

第33回 大腿骨近位部骨折(足の付け根の骨折)は早く治療を!

第32回 腰痛は人間の宿命です-腰椎・骨盤・股関節の連携-

第31回 股関節の手術と健康寿命

第30回 弘法は筆を選ばず?

第29回 大腿骨近位部骨折が増加しています
-50歳を超えたら骨折予防-

第28回 呼吸を整え体を動かそう

第27回 人工関節の寿命は予測できるの?

第26回 人工関節手術後の早期社会復帰と保険医療制度の疲弊

第25回 赤ちゃんの股関節脱臼に思う

第24回 新しい高齢者像を求めて、
メディカルフィットネス 医学体操の活動

第23回 指定難病の特発性大腿骨頭壊死症をご存知ですか?

第22回 人工関節置換術の適齢期は?

第21回 あなたはサルコペニアですか?

第20回 赤ちゃんの股関節脱臼に注意しましょう

第19回 股関節手術の思い

第18回 いつまでも健やかに

第17回 「セメントレス人工股関節」

第16回 「骨切り術も再生医療です!!」

第15回 「骨粗鬆症の激増と過激な減量、ビタミン・ミネラル不足」

第14回 「大腿骨頭はどうして球形なの?」

第13回 「人生いろいろ、手術もいろいろ」

第12回 「股関節疾患の過去、現在、未来」

第11回 「国産医療機器メーカーとして」

第10回 「「股関節」という言葉で思いついたつれづれなること」

第9回 「股関節のインプラント治療」

第8回 「患者会としての30年」

第7回 「私の股関節と剣道」

第6回 「股関節唇損傷自己体験記」

第5回 「人工股関節全置換術より高い満足度を求めて」

第4回 「人工股関節置換術と関節温存手術」

第3回 「乳児股関節脱臼―歴史は繰り返す―」

第2回 「股関節疾患今昔」

第1回 「肝心要は股関節から」


新・股関節がよくわかる本Web版
HJFJ人工関節ステッカー
股関節市民フォーラム
股関節の悩みQ&A
財団 You Tube チャンネル
Hip Joint Column
Hip Joint News
ロコモン体操
患者会紹介